• フリーランスが増えている理由

    今現在日本では労働人口の1/10程度の人がフリーランスで働いています。

    フリーランスの種類にはいくつかあるのですが、ネットで仕事を受託するタイプのものがもっとも多いです。

    特にデザイン関係やweb関連の仕事が多いです。



    しかし最近はその他のさまざまな仕事が簡単にでき、そのもっとも大きな理由がクラウドサービスの流行です。
    このサービスがどういうものかというと、仕事を求める人と、仕事を依頼したい人を結びつけるサービスです。

    そしてこれらの仕事のほとんどはネット内で完結するので、仕事を受けた人は依頼書の求めるものを完成させ、それをネット上で納品するとお金が振り込まれるシステムです。
    そもそも今の時代にネットで完結できない仕事を探す方が難しいでしょう。

    もちろん対人の業務も大切で、それがある方が業務が円滑に進むということもあるかもしれません。

    しかし、ネット上で完結させることが不可能かというと、可能な場合がほとんどでしょう。

    また移動に掛かる費用や時間も掛からないことになりますし、対人関係での労力やストレスも発生しません。

    実際に企業で働くと誰しも感じることだとは思うのですが、本来の業務よりも案外人間関係でのストレスや、日々そこに割く時間や労力は大きいものです。仕事での人間関係はそれはそれでよいものなのですが、むやみやたらに持てばよいということでもありません。



    毎日会わなくても、必要なときに会うスタンスでも良いでしょう。


    フリーランスはこれを実現します。