• フリーランスのタイピングの心得

    フリーランスの仕事はパソコンを使ってやるものがほとんどです。
    そのため、長くパソコンの前に座って、いろいろな情報収集をおこなったり、逆に情報を配信したりすることになります。
    納品物の作成もある意味情報の配信です。



    そして、パソコンを使っての仕事となると、当然文字を入力する必要があります。



    ここで新しい仕事にも関わらず、タイピングも苦手となると非常にストレスが溜まります。



    そのためタイピングスキルを高めることが、長時間仕事を行う上では重要なのです。
    では具体的にどうすればよいのかというと、まずはタッチタイピングのホームポジションは覚えた方が良いです。
    独特な打ち方をしている人もいるのですが、ホームポジションを守った方が、画面だけを見て打てるようになるのが速いでしょうし、何より長時間の作業も楽です。

    そして肩の力を抜いて自然にタイピングができるはずです。


    そして、無理をしないということが非常に重要です。


    タイピングの練習というと、ゲームなどで頑張って速く打つことばかりを考える人がいますが、それをすると肩に力が入り疲れます。

    陸上競技でいうとフリーランスの仕事は長距走なので、一定のペースで入力していくことが重要です。

    また脱力した状態の自然なタイピングが身に付きます。短距離的な勢いのあるタイピングはそのあとに遊びでやる程度で良いでしょう。

    フリーランスをやるうえではこのスキルが非常に重要なので、むしろタイピングのペースは抑えるように意識するくらいでちょうど良いです。