• フリーランスの情報収集の心得

    フリーランスは会社と違って何かを先輩に教えてもらうこともなければ人に教えることもないです。

    そして、口頭で何らかの情報を得ない分ネットでの情報収集が生命線です。

    ビジネスシーンにおいて最優先すべきはコミュニケーションスキルだとよく言われますが、フリーランスのコミュニケーションはネットからの文字情報を得ることです。

    このコミュニケーションスキルを高めることが今後のビジネスモデルの決定、次に身に付けるべきスキルにつながります。

    また文字からの情報収集は一方的な情報収集であるため、ライティングをやってみることはおすすめです。

    すでになにかしらの特殊技能があったり、自分で情報配信するタイプの仕事に決めているというのであれば、無理にライティングをやる必要もないのですが、特にそういうのがないのであれば、お金をもらいながらフリーランスのコミュニケーション能力を高めることができるのでおすすめです。



    ライディングをする際にはある程度の情報収集を行い、それを自分の言葉で配信することになります。



    このスキルはネット上のビジネスに必要な能力が集約されています。



    そのため、取っ掛かりとしては最適でしょう。
    またパソコンで仕事をやる以上、タイピングが苦手だとストレスになります。


    このタイピングスキルに関してももっとも効率的にお金をもらいながら身に付くので、最適です。
    そしてライティングを通してのコミュニケーションスキルは、対面でのコミュニケーションスキルにも役立つので、情報収集を練習してください。