• フリーランスのタイピングのペース

    フリーランスはだいたいパソコンに向かっている時間の長い仕事ですが、意外と注目されていない点があります。

    それはパソコンのタイピングの速度です。

    意識的にしろ無意識的にしろ、肩に力を入れて全力でタイピングしてしまう人があまりにも多いです。ランニングであれば、自然にペースを落とすということを知っているはずなのですが、タイピングはなぜか速いのが良いから全力でやられがちです。



    しかし、当たり前ですが、このような全力タイピングは体力を消耗し、長時間の作業を困難にします。


    そのため、打ち間違いを減らし、むしろペースはあえて抑えてゆっくり目の方が良いです。ゆっくり目と言っても限度はあるのですが、肩の力を抜いてリラックスして軽くかちゃかちゃやる感じです。


    これは絶対に心掛けた方が良いです。目の疲れも軽減でき、フリーランスの仕事を長時間やっていても苦になりにくくなります。
    短時間で終わらせたいから全力で打つと言いたいかもしれませんが、100m走を走るスピードでマラソンを走れる人はいません。


    そしてフリーランスの仕事は普通はある程度の量があるので、100m走ではなくてマラソンなのです。



    そしてランナーが走る行為は、フリーランスにとってはタイピングであることがほとんどです。なのでペースを抑えるのは当たり前のことなのです。

    前傾姿勢で全力のタイピングをしている人は、マラソン大会で最初から全力で走っているのと同じです。



    これは先生に怒られます。

  • よく解る情報

    • フリーランスの仕事はパソコンを使ってやるものがほとんどです。そのため、長くパソコンの前に座って、いろいろな情報収集をおこなったり、逆に情報を配信したりすることになります。...

  • 1から学ぶビジネス

    • 筋トレと同じで、フリーランスにもフリーランスとしての力が存在します。もちろん働き方や業務が特殊な場合もあるので、必ずしもみんなに当てはまるわけではないのですが、この力があると圧倒的な強みになるというものがあります。...

  • ビジネスの特徴

    • 今現在日本では労働人口の1/10程度の人がフリーランスで働いています。フリーランスの種類にはいくつかあるのですが、ネットで仕事を受託するタイプのものがもっとも多いです。...

  • ビジネス入門

    • フリーランスは会社と違って何かを先輩に教えてもらうこともなければ人に教えることもないです。そして、口頭で何らかの情報を得ない分ネットでの情報収集が生命線です。...